このグラスは透明のリサイクル原料に自分で着色し、明治や大正の清酒等の一升瓶の色の再現しいるそうです。少し緑がかった濃い青がきれいです。そして、淵を茶色にアクセントづけしているのが、実はオロナミンCなんです。我が家にも原料となる瓶がコレクション棚に並んでいます。左藤さんの色ガラスへの愛着も共感できる由縁です。

プライス ¥2,700 (+税)
素 材 ガラス
サイズ
main
>>> ガラス製品もくじ