omoto「鉄と布

ふたつの存在が作る暮らし

福島県のいわき市を拠点に鍛冶職人として刃物や包丁をつくる康人さんと、藍や柿渋で服や小物を手がける智子さん。この二人の暮らしはどんなだろう。康人さんの大らかでユーモアに溢れた風貌の包丁にポツポツ空いた印は、星座を表しているそうです。包丁を包み込む智子さんの布作品は、とても自由で布合わせやステッチの妙が効いています。二つの異なる個性が互いを面白がるような、omotoならではの鉄と布作品。二人の暮らしに根ざした生活の道具です。

SCROLL

鉄と布と

HOMEへもどる

Copyright (C) Farmer's Table . All Rights Reserved.