川井田さんのペーパーコンテナ展3

使い続けるペーパー素材

昔イギリスでクリーニング店の運搬用に使われていた紙製のランドリーボックスが、100年近くたった今でもアンティークの収納ボックスとして使われていることに感銘を受け、生まれたペーパーコンテナーです。
長く使うために必要な耐久性を確保するため、「柿渋」を塗布した厚く丈夫な紙が使われています。

すっかりファーマーズテーブルの定番商品としておなじみになりました。
今回はグレイの新作が届きました。ビッグサイズトートの他、各種ボックス類が並びます。一級建築士・川井田さんならではの、構造デザインの美、素材の(柿渋を吸わせた厚手の紙に蝋引き)味わい、お楽しみに。

収納場面ごとの用の美

HOMEへもどる

Copyright (C) Farmer's Table . All Rights Reserved.