水野正美さんの銅器展

コツコツと叩き出す形

一枚の平らな銅板を焼きなまし、叩き、徐々に成形していく鍛金という技法で作られています。銅を何度も叩き続け、水野さんらしい器の形が生まれます。柔らかな槌目が、温もりある表情持っています。

銅は日常の生活の中で使うことにより味わい深くなり、自分の道具に育っていきます。熱伝導率が高いのもお料理好きの方には魅力です。

ぜひこの機会にお楽しみにご覧ください。

 

石川博子

SCROLL

器とおいしさの関係

Copyright (C) Farmer's Table . All Rights Reserved.